2010年02月04日

事務次官から局長へ降格も=公務員制度改革−首相が骨子提示(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は29日午前の閣僚懇談会で、今国会に提出する国家公務員制度改革関連法案の骨子を示した。この中で、各省の事務次官級から局長級への降格も可能とする内容を盛り込んだことを明らかにした。また、仙谷由人行政刷新担当相は同日午前の記者会見で、事務次官ポストについて「中身は変わるが、名前は残す」として、制度上は存続させる考えを表明した。 

【関連ニュース】
参院予算委の詳報
「新しい公共」円卓会議が初会合=首相、社会に定着求める
ダボス会議、首相代理で出席へ=仙谷担当相
「新しい公共」へ円卓会議=あす初会合
財政再建目標、議論スタート=国家戦略室の検討会

橋下知事「府市再編後の庁舎はWTC」(産経新聞)
求職者支援の恒久化検討=給付額、対象者を議論−厚労省審議会(時事通信)
外国人参政権 97%が「憲法違反」(産経新聞)
<高速道路整備>あり方議論の検討会を設置 前原国交相表明(毎日新聞)
鳥取不審死 殺人容疑できょうにも再逮捕(産経新聞)
posted by アカホリ タツオ at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。