2010年02月22日

不法投棄、罰金を最高3億円に=廃棄物処理法改正案−環境省(時事通信)

 環境省は19日の政策会議で、今国会に提出する廃棄物処理法改正案を与党に示した。産業廃棄物の不法投棄を行った法人に対する罰金の上限を、現行の1億円から3億円に引き上げる。3月に閣議決定する。
 改正案では、排出事業者が事業所外に廃棄物を保管する場合は都道府県に届け出る制度を創設。建設工事で生じた廃棄物については、元請け業者が下請けの分まで含めて処理責任を負うことも盛り込んだ。
 同省の調査によると、2008年度には308件、20.3万トンもの不法投棄が判明。このため廃棄物の適正処理に向け、規制を強化する。 

【関連ニュース】
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕
ミサワホーム創業者など所得隠し=株売却の8億円指摘
産廃処理場に現金百数十万円=廃材に紛れて見つかる

トヨタ社長の対応に苦言=米公聴会出席めぐり−前原国交相(時事通信)
実母資金提供「邦夫氏は質問評価」と与謝野氏(読売新聞)
普天間移設案の決定見送り=国民新(時事通信)
石川議員の離党を了承=民主(時事通信)
駅構内に地産地消ビストロ=長野県〔地域〕(時事通信)
posted by アカホリ タツオ at 06:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。