2010年04月08日

携帯「フィルタリング」利用は5割弱…内閣府(読売新聞)

 携帯電話を持つ児童・生徒のうち、有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」機能を付けているのは全体の5割弱にとどまっていることが7日、内閣府の調査でわかった。

 昨年4月に青少年インターネット環境整備法が施行され、18歳未満が使う携帯電話には保護者の申し出がない限り、フィルタリングを付けることが義務づけられたが、十分普及していない実態が浮き彫りになった。

 調査は昨年10月22日〜11月8日、10〜17歳の児童・生徒2000人(回収率68・5%)とその保護者2000人(同69・8%)を対象に面接方式で実施した。

 保護者への調査によると、携帯電話の所有率は、小学生22%、中学生47%、高校生96%。このうちフィルタリング利用者(インターネットが使えない機種・設定も含む)は、小学生62%、中学生55%、高校生39%で、全体では48%、同法施行後の購入者でも55%にとどまった。フィルタリングを「全く知らなかった」と答えた保護者も13%いた。

犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
元厚生次官ら殺傷、判決主文は後回し…厳刑か(読売新聞)
上方漫才大賞に中川家(時事通信)
抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ(医療介護CBニュース)
校長の発言、人権侵害と勧告=女児殺害事件後に同級生PTSD−九弁連(時事通信)
posted by アカホリ タツオ at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。